パーソナルトレーナーの年収格差を聞いて驚いた件

スポンサードリンク


160518pt

パーソナルトレーナーという職業があるのをご存知でしょうか?

まあ簡単に言えば、マンツーマンで筋トレの指導をしてくれる職業らしいです。

マンツーマンなので、受講する方からしたら結構な高額を払うわけですよね。

ところが、どうやらパーソナルトレーナーの手元に入るお金というのはピンきりみたいなんですよね。

パーソナルトレーナーのマーケティングに詳しい方の話を私の知り合いが聞いてきたので、ちょっと書いてみたいと思います。

結構職場の話題になるかもしれませんよ。

 

パーソナルトレーナーの実入り収入のシステム

パーソナルトレーナーの年収に格差が生じる要素は大きく分けて2つです。

一つ目はセッション自体の金額ですね。

つまり1セッションあたりの金額を高くいただいていれば当然クライアントから預かるお金も高額になります。

なので普通に考えたら、1セッションあたりの金額が高額なら高額なほど年収が高くなる傾向になることは、わかると思います。

ところが、それだけではパーソナルトレーナーの年収が上がらないんです。

なんとなくわかるかなと思いますが、その理由が2つ目の要素です。

パーソナルトレーナーというのは大きく分けて2種類います。

活動場所を自前のジムやスタジオでやっているか、それともスポーツクラブ内で活動をしているかです。

前者の場合は当然全額が実入りになりますよね。その代わりジムやスタジオの賃貸料が掛かりますし、器具も基本的には自前です。

一方で、スポーツクラブで活動しているトレーナーはクラブ側とトレーナーとで取り分を決めるわけです。

この金額が味噌でして、例えば半額をクラブ側に持っていかれる場合もあれば、2割しか持っていかれないで、8割を実入りにできているパーソナルトレーナーも居るわけです。

それでは一番稼げるトレーナーとは誰でしょうか?

 

マイクロジムって儲かるの?儲からないの?

一番いいと考えられるのはマイクロジムで指導をしているパーソナルトレーナーではないでしょうか?

もちろん人気があって、しかも1回あたりのセッションフィーも高額を取れているのであれば良い収入ですよね。

ちょっと人気が出てセッションの料金を値上げすれば年収1000万円くらいは軽く超えるそうです。

芸能人なんかがくるようなプレミアムが付いているマイクロジムだと年収2000万を超える人も居るんだとか・・・

ただし、都内などでジムやスタジオを構えるとそれなりに賃貸料も高いですから、しっかり人気が出て料金も挙げられないと、以外に肉体労働の割には年収が増える実感がないんだとか。

だから、必ずしもかっこよく見えるマイクロジムの経営者が儲かっているとも限りませんね。

簡単に見分ける方法は、やっぱりセッション料金です。

このセッション料金が都内で1時間で6000円を切る設定をしているようなマイクロジムは、あまり人気があるとは言えないと思います。

逆に10000万円を越えるような設定をしているジムはそれなりに人気があると考えても悪く無いと思います。

そう考えると、独立起業してマイクロジムを持つのがパーソナルトレーナーの幸せかというと、若干疑問に感じるところはあったようです。

ではフィットネスクラブなどを活動場所にしているパーソナルトレーナーの場合はどうでしょうか?

 

実はフィットネスクラブで働いているパーソナルトレーナーも稼いでいる

実は、活動場所をフィットネスクラブやジムにしているパーソナルトレーナーでも稼いでいる人はいるらしいです。

この場合、例えば思い切って名前を出しちゃいますが、ライザップのようなポット出のジムのパーソナルトレーナーは稼いでいる気配がありません。

というか、私の知り合いがライザップで実際に働いていた人から聞いたそうです。(年収も聞きましたがさすがにここでは伏せておきます)

なぜ稼げないかというと、ほぼ月給に近いからですよね。

最近は歩合に近づいた(もしくはなった?)そうなんですが、それでも会社に持っていかれるフィーが大きいんですよね。

これは何もライザップに限ったわけではなくて、大手のスポーツクラブで働いている社員扱いのパーソナルトレーナーはみんなそうだと思います。

ではどんなパーソナルトレーナーが儲かっているかというと、フリーでやっていて、なおかつしっかりとセッション料金が取れているパーソナルトレーナーだそうです。

これも名前を出してしまいますが、ゴールドジムとかでフリーでやっているパーソナルトレーナーは取り分の金額を交渉できるみたいなんですよね。

人気があるトレーナーはそれなりに強気な交渉が可能なわけですから、稼ぎやすいです。

また、外部のジムやフィットネスクラブで活動するメリットは何と言っても身軽さです。

機材もジムやスタジオも自分で手当する必要がないわけですから。

極端な話、来年はパーソナルトレーの活動をやめちゃおうと思えば可能なわけです。

ということで、今日はパーソナルトレーナーの年収がいかにして格差をつけられているかについて聞いた話をお伝えしましたが・・・

最後に一番、衝撃的な話をご紹介します。

 

大手フィットネスクラブで働いているトレーナーは飼い殺し

これ名前出していいのかな~

パーソナルトレーナーにマーケティングを指導されている島田弘さんという方が居るらしいのです。

その方は、もう10年以上もパーソナルトレーナーとして年収1000万円以上をキープされているらしいのですが、その方が、パーソナルトレーナー業界について暴露した音声を無料で配布されているらしいのですよ。

私も少し聞いてみましたが、かなりすごいですね、これ。

大手フィットネスクラブがパーソナルトレーナーを飼い殺しにしているというくだりはちょっといやな汗をかきました(汗)

こんなことまで喋っちゃって大丈夫なのかな・・・

いつクレームが入って配布が中止になるかわかりませんので、手に入れるのはお早めに

島田弘 飼い殺し

 

スポンサードリンク


« »

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ