ベビーシッターの資格の難易度って?

スポンサードリンク


PAK95_nakijyakuruanjyu500

知り合いに聞いたのですが、いまベビーシッターって

インターネットで探せるらしいのですよ。

 

早速「ベビーシッター サイト」などで調べてみると

 

・シッターズネット(Sitter’s Net)

・imom.jp

・保育ママ.com

 

などの、いわゆるマッティングサイト系が出てきました。

 

どこのサイトも、ママ、そしてベビーシッターが

登録することによって掲示板等でお互いにやりとりを

するシステムになっているようです。

 

ここで心配なのは契約関係ですよね。

 

契約はあくまでもママとベビーシッターが個人間で

結ぶようですね。

 

もちろんそれらのサイトが何らかの違反をしているとは

にわかには考えにくいですが、託児所のような箱物がないだけ

ママにとっては、ちょっと心配ではないでしょうか。

 

しかもベビーシッターは単独で預かることが多いようです。

 

もちろん託児所の保育士などと比べると、一人当たり

面倒をみる子供や赤ちゃんの数は少ないでしょうが、

単独で面倒を見ている以上、例えば保育士同士の

監視の目は働きませんよね。

 

このへんは個人的にはちょっと怖いな~と感じました。

 

ということで、前置きは長くなりましたが、

ちょっと不安なベビーシッター資格の難易度について

調べてみましたのでシャアしますね。

 

ベビーシッター資格の概要

CSSS85_kangaerujyosei20131019500

まずはベビーシッター資格の概要からお伝えします。

 

ベビーシッターの資格は、正確には

【認定ベビーシッター資格】といい、

 

「公益社団法人 全国保育サービス協会」という機関が

認定する資格です。

 

したがって国家資格というわけではありません。

 

受験資格

年齢は満18歳以上であること。

 

受験要件

協会が主催する新任研修会現任研修会という

2つの研修講座を受講すること。

またベビーシッターの実務経験を有すること

 

試験内容

試験は選択式(五肢択一の40問)と、記述式(400文字以内)

筆記試験です。

内容は、上記2講座で学んだ範囲から満遍なく出題されます。

 

受験費用

受験料:11,000円

認定登録料:4,000円(合格時)

 

試験日

年1回例年7月で受付期間が6月上旬から下旬。

 

ベビーシッター資格の難易度

a1640_000094

前述したとおり、チャンスは年に一度しか回って

こないようなのでイメージとしては難易度が高そうです。

 

正確な合格率は発表されていないようなのですが、

新任研修会と現任研修会で学習した範囲をでることはないので

それほど難易度は高くはないと思います。

 

実際、合格率を公表しないというのは

合格率が高すぎるという批判を受けないためという

気がしないでもありません。

 

とはいえベビーシッター資格の教材なども存在するので

全員が受かるという試験でもないのでしょうね。

 

すみません、正確なところがお伝え出来ませんで・・・

 

ちなみに同じように子供の面倒をみる資格である

保育士は国家資格です。

 

大学、短大、専門学校の保育系学科を卒業すれば

試験は免除されるようですが、一般の人が受けた時の

合格率は10%前後ですので相当難易度が高いですね。

 

ベビーシッターという仕事

PAK95_gussurinemuruanjyu500

ベビーシッターの資格という面でいうと、

一番大切な部分は

 

「絶対に子供を守るという」

 

という気持ちではないでしょうか?

 

もちろん保育関係の知識は必要ですが、最低限

子供を守るんだという気持ちさえあれば、

どうにかして親御さんのもとに何事も無く

返してあげることができると思います。

 

ただ心配なのは先程も言ったように、

ベビーシッターが単独で請け負えるという点です。

 

もちろん、フィリピンなどの、いわゆる「やや」と

呼ばれるベッビーシッターは一人で面倒をみます。

 

しかし、一歩外に出れば人が溢れ、最悪自分では

対処しきれない自体が起これば「人に頼れる」という

土壌があります。

 

子供は社会の宝ですので安全に面倒を見てもらえるように

ここは必要であれば規制をかけてもいいのかと思います。

スポンサードリンク


« »

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ