地球温暖化の話が嘘だったって本当?

スポンサードリンク


工場

太陽光などの再生可能エネルギーで得た
電力の買い取りか価格が値下がるという
ニュースを見て地球温暖化問題
思い出しました。

で、少し地球温暖化問題について調べて
みると・・・

なんと地球温暖化問題なんてだった
という記事を多く見かけたんです。

そこで、ちょっと地球温暖化の話が
だっていうのは本当なのか

調べてみました。

ブログのタイトルがややこしくて
すみません。

 

地球温暖化の原因とメカニズム

地球温暖化の原因とメカニズムについて
お伝えします。

原因

地球温暖化の原因は、人類の活動による
いわゆる温室効果ガスが増加したこと
だと言われています。

気象庁のウェブサイトを見ても、断定は
していない
んですね。

「ほぼ確実」ていどの表現です。

で、この温室効果ガスというのが主に
二酸化炭素(Co2)なわけです。

メカニズム

メカニズムとしてはこうです。

二酸化炭素などの温室効果ガスの性質
として、陸や海等の地表から宇宙に
向かう熱
を地球の表面を覆う大気に蓄積
して、再度地表に戻すというものが
あります。

この性質のことを「温室効果」などと
呼びますが、近代的な産業革命などの
工業化により、石油や石炭などの化石
燃料の利用や森林伐採などによって、
大気中の温室効果ガスの占める割合が
急激に増加
しました。

つまり大気が、人工的活動により温室
効果ガスを吸収できなくなり温室効果
ガスの濃度が高まった
ことが地球温暖化
のメカニズムです。

 

地球温暖化問題の論点

はじめにオゾン層の破壊が地球温暖化に
つながっているという議論があがって
ましたが、

たしかにオゾン層が破壊されているのは
事実なようですが、直接地球温暖化とは
関係してない
ようです。

次に問題になるのは、二酸化炭素などの
温室効果ガスの大気中濃度が高まった
ことにより地球温暖化が引き起こされて
いるという議論です。

ここでも二酸化炭素濃度が高くなって
いるのか?という現象と

それにより地球温暖化が引き起こされて
いるという結果の検討を分けて考える
必要がありますよね。

二酸化炭素の濃度は、確かに上がっては
いる
ようです。

また、都市部の平均気温も上がってます

そんなところから、無理やり地球温暖化
は嘘か本当かを検証してみましょう!

 

地球温暖化の真偽はいかに?

これは結論から言えば正確なところは
わかりませんでした


ごめんなさい。

ただ二酸化炭素の濃度上昇により
地球温暖化がすすむというのは、あまり
関係ないのではということは、
なんとなくわかってきました。

しかもIPCC(気候変動に関する政府間パネル)
という国際機関が採用したデータに
改ざんがあったことがわかっているのです。

またツバル詐欺という言葉もでて
きました(汗)

大洋州にある、ツバルという小国である
島が地球温暖化により水没してしまう
という話だったのですが、

水没はしないばかりか、ここ数十年の
地盤沈下は、サンゴ礁の崩壊によるもの
だったことがわかったのです。

なので連の地球温暖化問題は、かなり
誇張されているものだった
と、私は
判断しました。

とはいえ、まったくデタラメだったと
いうわけでもありません。

ここ最近都市部の平均気温が上昇して
いるのは事実でしょう。

しかし、これにも理由はあるのです。

いわゆる一時期流行った

【ヒートアイランド現象】

というものです。

簡単に解説すると都市部のコンクリート
化や舗装面積の拡大、クーラーの利用等
現代的生活により、

都市部では平均気温は上昇しています。

なかなかどの情報が正しいのかは
判断しかねますね。

逆に地球温暖化はないと主張する論者も
例えばですが、石油関係の利権を持つ人
と大いに関係があったりする可能性も
あるわけです。

では私たちは何を信じればいいのでしょうか?

私は、このブログを職場での話題作りに
困っている人のために書くのと同時に、

「自ら調べる」という習慣をつけるため
にも書いています。

これからは、国の言うことも鵜呑みにする
ことなく、各人が各々の意見を持つこと
が重要かななんて思っちゃいますね。

実際に、いろいろなことを勉強するのは
楽しいですよ!

今回も、このような本が参考になりましたし。

スポンサードリンク


« »

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ