出生率の男女比、多いのはどちら?

スポンサードリンク


baby

 

ちょっと仕事上の関係で、ジェンダーについて

調べていたところ、以外なデータに出会いました。

 

それは出生率の男女比についてです。

 

その前に、出生率とは人口1,000人あたりの出生数の

割合のことをいいます。

 

日本では国勢調査の行われる毎年10月1日の人口を

基準とします。(国勢調査自体は5年に一度)

 

ということで、それでは本題に参りましょう。

 

出生率の男女比で多いのは?

出生率の男女比で多いのはどちらでしょうか?

 

これはもう結論から言ってしまうと出生率

つまり生まれてくる男女間の割合で多いのはのほうです!

 

私も以前結論だけ聞いたことがあるのですが、

理由は知らなかったので少し調べてみました。

 

まずは具体的にどのくらいの男女比になっているのかですが・・・

 

<男性105:女性100

 

くらいだそうです。

この男女比は人間だけでなく、哺乳類全般に言えるそうですね。

 

で、気になる理由ですが、ここでは性染色体がどうのこうのとか

着床率がどうのこうのとかいう理論は置いておきますと、

男性の方が女性よりも体が弱いからだそうです。

 

つまり、人に限らず生物は原則的には種を維持しようとしますが、

種を維持する、つまり結婚適齢期、更に行ってしまえば、

性交が可能になるような年齢に男女比が1対1になるような割合

出生率の男女比が105:100くらいなんだそうです。

 

それにしても本当に生物って不思議ですよね~

 

ただし、現在は医学の進歩で男児の死亡率は当然ながら

減っています。

 

ところが2012年の出生男女比は男105.2:女100と

以前とほとんど変わっていません

 

ということは医療が発達すればするほど

男あまり時代に突入するということになりますね(汗)

 

実際に私もいい年ですがまだ未婚です!

 

さて、私の愚痴?はいいとして、出生率の男女比で男性の方が

高い理由としては、あとひとつあるんです。

 

我々一応男女平等社会の日本人の感性からすると

かなりブラックな理由なんですが、

ご紹介しておきます。

 

出生率の男女比でブラックなもう一つの理由

ブラックな理由とは?

 

男女産み分けが一般化している中国やベトナム

そしてインドなどが原因です。

 

特に一人っ子政策をしている中国の産み分けはすさまじく

その出生率の男女比は、130~140対100にも達しているそうです。

 

こうした人為的に出生率の男女比を変えるようなことにより

なにか問題が置きなければいいのですが・・・

 

まあ医学の発展により、本来助からないはずの男児が

助かって結果として男性あまりになることも

広く見れば人為的ではありますね。

 

男性を減らすための残酷な方法

男性が余ると社会現象に影響をおよぼすという説もあります。

中でも過激なのが「戦争」です。

 

たしかに戦争があると男性の数が一気に減ります

 

実際に戦地に赴いて戦闘に加わり、

結果として命を落とすのは昔から男性が圧倒的に

多いですから。

 

そんなことにならなければいいのですが、

男性が多いことで何かが起こるかもしれないことは

覚えておいたほうがいいのかもしれません。

(役に立つかはわかりませんが)

スポンサードリンク


« »

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ